IR・投資家情報証券コード7571 東証ジャスダック

homeホーム > IR・投資家情報

経営情報

ディスクロージャー方針

1. 基本方針

株式会社ヤマノホールディングスは、株主及び投資家の皆様に対して、適時開示規則に該当する重要情報を公平、正確かつ適宜適切に提供するために、会社法、証券取引法及び東京証券取引所が定める適時開示規則に沿って情報開示を行います。また、適時開示規則に該当しない場合でも、当社についての理解をより深めて頂く上で有用と判断される情報につきましては、積極的な開示を行ってまいります。

 

2. 情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報は、東京証券取引所及び国内の証券取引所が運営・利用する適時開示情報伝達システム「TDnet(Timely Disclosure Network)」によって開示いたします。

 

3. 沈黙期間について

当社は、決算情報等の漏洩を防ぎ、情報の公平性を保つため、事業年度末および第1・第2・第3四半期末の翌日から決算発表日(四半期財務情報開示日)までを「沈黙期間」と定めており、決算内容等に関するコメントや質問に対する回答を差し控えさせて頂きます。 ただし、当該期間中に公表済みの業績予想と大きく乖離する見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い速やかな情報開示を行ないます。

 

4. 業績予想や将来の見通しについて

当社が開示する情報のうち、業績予想等将来の見通しに関する情報の提供を行う場合があります。これらは、その時点における一定の前提あるいは、仮定に基づく将来の見通しであり、その内容を保証するものではありません。 従いまして、実際の業績については、リスクや経済環境の変化など様々な要因によって、その予想と大きく異なる可能性があります。

 

5. 投資判断について

当ウェブサイトに掲載している株主・投資家向け情報は、当社の企業情報の開示を目的としたものであり、投資勧誘を目的にしたものではありません。投資を行う際は、お客様ご自身の判断で行うようお願いいたします。