事業内容

homeホーム > 採用情報

先輩社員インタビュー

橋本店 店長代行 木又 邑熙子

「販売」だけではない魅力

もともときものが好きで日本文化の継承に携わりたいと考えていました。説明会でいろいろな話を聞き、ヤマノホールディングスがどんな想いで、どんなサービスをしているのかが分かり、自分の考える「想い」を共有することが出来る会社の社風・雰囲気に惹かれました。
また、前楽結び着方教室を始め、きものクリニックメンテナンスやきものパーティーの開催等「販売」だけではなく、「着る機会」の提案の充実性と、美道五原則という明確なビジョンを持つところにも魅力を感じここで店舗運営に携わりたいと思いました。

気軽に集まり、楽しみ、触れられるお店作り

今後の目標は、きものに対するイメージ・概念を変えるお店作りをしていくことです。年齢やきものを着るTPOに関係なく、きものが好きな方、きものを必要としている方がいつでも気軽に集まり、楽しみ、触れられる、そのようなお店作りを目指しています。
そのためにも、常にアンテナを張り、お客様のニーズに最善のカタチでお応えすべく、「おもてなしの心」を忘れず笑顔と満足、最高の感動を提供・演出出来るよう販売のプロである意識と向上心を持ち続けるよう心がけています。

~仕事紹介、とある1日~

出社後、制服またはきもの(催事のときはきものが多いです。)に着替え、身だしなみを整えます。
掃除をして朝礼ではその日1日の業務内容を確認。
1時間ごとのタイムスケジュールをもとに自分とスタッフ、お店全体の稼働を把握するようにしています。店頭ではお客様対応はもちろん、ディスプレイ変更をしたり商品の鮮度を保つために陳列の整理は日々行います。合間にはお客様へのお手紙を書いたり、DMの作成、ご購入頂いたきものの検品等も行います。
1日の時間をタイムスケジュールで割り振ることで店舗運営の効率も上がりメリハリのある充実した日々を過ごしています。